美しく華やかな懐石料理とワインの最高のマリアージュ!!夏を彩る涼味ワインの会

arataで開催された夏を彩る涼味ワインの会へ行ってまいりました。

arataは、、暗闇坂宮下、可不可など数の飲食店を手掛けていらした宮下大輔氏プロデュースにより4月に浦和駅前にオープンしたお店です。

コンセプトは、日に日にあらた

木の温もりに包まれた和モダンな上質な空間で、本格的な日本料理が楽しめます。

料理長の木下泰司氏は、強羅花壇の元料理長をされていた方で、埼玉の地物食材を中心に旬の食材を使った懐石料理が頂けます。

この日は、レコールデュァンの講師瀬川あずささんが選んだ涼味あふれるワインと懐石料理のマリアージュが楽しめるということで、ワクワク〜

まずは、シャンパーニュで乾杯〜

シャンパーニュテタンジェブリュットレゼルブフランス

グレープフルーツ、白桃などの果実味に、蜂蜜のような香り、フレッシュで洗練された味わいのシャンパーニュです。

小倉長芋寄せ雲丹北海道キャビア美味だし

さっぱりとした長芋にまったりと甘く濃厚な雲丹とキャビアの塩気、上品なお出汁のジュレ。

涼やかで美しいお料理にスタートから心躍ります。

羽太愛媛焼霜山葵昆布とカワハギ愛媛肝醤油あしらい一式

竹筒の上にのった冬瓜が器となった美しく華やかなお料理に、思わずわぁ〜!!っと歓声をあげてしまいました。

焼霜にした羽太と肝醤油で頂くカワハギも美味しくて、思わず顔がほころんでしまいます。

こちらのお料理に合わせて頂いたワインは、

グリド甲州山梨

和柑橘系の風味のワインで、清しく、繊細な味わいなので、お刺身と最高のマリアージュ

テーブルクイーン入間ポークしめじ金針菜

伸び伸びと育った入間ポークは、クセがなく、しっとりと柔らか。

器はカボチャの一種であるミルキークイーン。

淡白な味わいなので、お肉の味わいを引き立ててくれます。

皮も柔らかいので、丸ごとすべて頂きました。

こちらのお料理に合わせて頂いたのは、

エドビール瑠璃埼玉

埼玉県川越市のコエドブリュワリーで造られているビールです。

軽やかな口当たりで、深みのある味わい。

お肉料理にもよく合いますね。

カサゴ石川塩焼き岩かき茨城竜田揚げゴルゴ

からりと揚った岩牡蠣は噛むとミルキーな旨みが口の中を占拠。

もっと食べたいと思ったくらい美味しかった

カサゴも身がふっくら。

ゴルゴは、埼玉県産のうずまきビーツです。

こちらのお料理と一緒にいただいたのは、

マトゥアリージョナルソーィニョンブランマールポロ

爽やかなブルーのエチケットに一目ぼれ。

グレープフルーツのようなジューシーで弾けるような果実味あふれる今の季節にぴったりの清涼感あふれるワイン、個人的にもかなり気に入ってしまいました

関鯵鳴門揚げフェアリーテイルアスパラ酢橘

鳴門のようにロール状になった関鯵は、からりと揚っていて、酢橘をきゅっと絞って頂きました。

フェアリーテールは、埼玉県産の茄子です。

こちらのお料理に合わせて頂いたワインは、

ここファームこころぜ栃木

ストロベリーのようなフルーティーな果実味たっぷりのマスカットベーリーを使ったワイン。

こちらもとても好みのワインでした。

武州和牛ランプ味噌煮からし葉めはり寿司紫獅子唐

埼玉県で育った黒毛和牛武州和牛は、程よく脂がのっていて、しっとりと柔らか。

高菜の浅漬けの葉で包んだめはり寿司

ドメーヌドルーアンオレゴンピノノワールUSオレゴン

エレガントな味わいの赤ワインで、お肉との相性も抜群でした。

葡萄彩寄せ

ピオーネとマスカットのゼリー寄せとムースが層になったデザート。

ワイン会の締めくくりが葡萄のデザートとは、洒落ていますよね。

埼玉県の食材を使った地産地消の懐石料理は、夏らしい盛り付けも美しく、繊細

で上品な味付けで、目と舌で存分に楽しませて頂きました。

瀬川あずささんセレクトのワインとお料理のマリアージュも素晴らしく、美しいあずささんの素敵なトークを聴きながら、贅沢な時間を過ごすことができました。

arataでは、今後も日本酒の会などのイベントが行われるそうなので、これからも楽しみですね。

テーブル席や個室の席もあるので、デートや女子会はもちろんのこと、お食事会や接待など色なシチュエーションで使えそうなお店です。

arata

埼玉県さいたま市浦和区仲町1-6-4ソサナビル3F

048-825-1112

記事が面白い、参考になると思われましたら、ぜひクリックをお願いいたします。

いつも応援頂き、ありがとうございます

インスタグラムでも、美味しいものをいっぱいご紹介していますので、

ぜひフォローしてくださいねyu