バブル崩壊のあとは延満席にしたいわけでしょという満席論ノン仕掛けね。。

まあね、これ、80年代のバブル崩壊1985年を

きっかけに。。前のタイガース日本一依頼だねからね、

延ね、局所バブルと大型崩壊を繰り返しているわけね。。。

ほんまに。。で、局所バブルとは不良債権からくる、都市部への

集中による、地上げです。。いまも地上げが行われているのでね、

いま現在、地方で自宅をもって維持するには、およそ、70億円程度の

御金が必要。。つまり、地方の屋敷は7000万はする、ということでね。。

月額15万40年のローンである。。ね?これ、地方で払えるひとは

いませんからね。。拠点がある大阪で稼いでね、地方の家を管理する、

というね。。大都市のひとじゃないとね、その家はとれないね。。

つまり、山口のひとがね、山口にいて、山口で暮すとね、家は

買えないわけですね。。。ほんまに。。それと同じケースでいうとね。。

まあ、我も過ぎたことだからいいがね、目安としてね、バブルが崩壊した

あとね、京都の大学に入ったね。。じゃあ、初日にね、かみさんが用意

されていてね、結婚したらものすごい偉い人の娘さんだったとわかったのは

だいぶあとですがね。。。で、すぐにそのお父さんがかかえていた勢力

負債をね、返済するためにね、まあ、婿養子としてね、政治、ダンス、メディアでね

働くことになったね。。朝までディスコで働いて、週末はプロダンサーになって

出演する。。で、映画にもでる、さまざまなアルバイトをね、そのお父さんの

エリアでしていくね。。だからまあ、当時のね、負債がまあ、1000億ぐらい

あったのだろうね。。で、まあ、わたしはは、当時二億の金でね、契約された

プロだからね、いまでいえば、170億円ぐらいね、保証された、まあ、プロとして

二十年してくれ、というね。。話から入った。それがわかったのは、契約がいちおう

終わった、2010年のこと。。つまり、わたしは年間1000億動かして、10億の利益を

たてて、4000万の報酬を得るプロだったのですね。。で、それ以後ね、お父さんの

筋から、女性が次に嫁になりね、通算わたしひとりに対して五十人の妻、五人の

正妻がいる、というね。。モンゴロイド状態になりね、息子娘は数えきれないほど

うまれていてね。。まあ、そういうネーミングやら芸能手配などね、名義がぜんぶ

私になっていったのですね、、で、年間千億創るからね、十億の利益になりね、まあ

4000万もらう、というね。。で、そういうことでね、二十年きっちりね、現役でした

ね。。で、じぶんに数千万が残ったのでね。まあ、現役引退してね、郷里に戻ったらね、

ソーシャルメディア時代になりね、これまた、1985年の再来のようなね、2008年の

リーマンショックがありね、またもやね、巨額の負債がね、メディアに発生したね。。

だからもう、しごとはないのかな?田舎でのんびりするか、議員にでもなるか?と

思っていたらね、またはじまったわけね。で、正式には昨年か、その前にね、

契約してね。まあこれが多分、三億ですね。だからまあ、数十年後から見たら

240億の契約である。。これをまあ、二十年から二十六年しろ、とね。。。

ほんまに。。。まあ、つまり、いまから三十年でね、三兆円あげろ、とね。。

いうことですね。。。ほんまに。。で、まあ、スタートしたね。。だからまあ、

順調にね、大豪邸ライフでね、まあ、休みながらね、しているね。で、できない

ことがふたつある。それは、一種の政治活動とダンスである。。これはもう、

肉体的にはできない。だからまあ、メディアと執筆ですね。。あとは企画

である。。若い時期は、政治、ダンス、広告とね、肉体労働ができていたがね、

いまはできないから、座卓に座ってね、書くことばかり。。そこにまあ、フィーが

発生していく。。。で、まあ、これもね、いまはね、その当時の愛妻のね、おやごさんが

もう傾いているからね、当時は婿養子、今はもう、亭主としてね、やっているだけでね。。

きほんはかわりない。だからまあ、当時のね、お父さん連合会みたいなものからね、

あれはうちの息子、とね。なっているエリアがね、五十ぐらいのね、ブロックがありね、

みな、妻がいるからね、わたしの名義、わたしのシマのね、負債だからね、わたしが

働く、というね。。基本は変わらない。。ほんまに。。きほんはね。。ほんまに。。

まあ、無理がない程度ですね。。。若い時期は婿養子として現役で。。いまは

亭主、あととりとしてね、現役でね。。企画、社長、プロモートなどをしている

わけです。。職種もやや変わったがね、できることは変わらないね。で、肉体労働は

できないからね。また、そういう政略結婚になるからね、うちはもう、孫もみないるわけ

でね。。子供はみな、有名な芸能人になりね、子供時代からプロになりね、わたしの

シマのね、穴埋めをしているね。。ほんまに。。娘も息子もね。。調べたら、割とすぐ

わかるしね。。メイクを同じにしたら同じ顔をしているがね、いちげんにはわからない。。

ほんまに。。で、まあ、そういうしごとがあるとね。。じゃあ、さ、これ、まあ

そういうね、1993年ぐらいのね、イトイさんがね、再婚してだよね。。まあもう、

稼がなくてもいいがね、かみさんがいるしね、もう、飯は食えるのだけどな、とね、

広告の講義でさんざんいっていてね。。で、審査員やら年鑑をつくりね。まあ、もう

食えるのだが、なんでやるのか?というとね、食えるからね、恩返し、罪滅ぼしだ、

といっていたのですね。。。ほんまに。。で、まあ、いろいろとね、あれだけね

表にでるひとだからね、出演もある。。出演は肉体労働でしょ。。で、まあ、

わたしはね、ナカハタと同じタイプだからね、企画とコピーだね。。ほんまに。。

で、まあ、あとはね、シマの穴埋め、集客の手伝いね。。で、これは妻がいます

のでね。。正式には妻の財産ですのでね。。。妻の負債をまあ、手伝っている。。

というのはね、あの世界だからね、全財産は俺にはこないわけね。あくまでも

婿養子なんです。。ぜんぶね。。妻がまあね、管財人、そして継承し、子供に

譲るからね。まあ、わたしは、五十人のね、妻のシマをね、まあ、代理でね、

高めている、というかね。。まあ、集客のお手伝いでね。。まあ、妻の依頼でね、

くる。あるいは、妻の親戚の依頼だね。。だからまあ、しごとはたやすいね。。

ただまあ、しごとだけでね。。実際にはまあ、もう、セックスレスでね。。

まあ、働くだけ?よね。。で、まあそれがうれしい、ということもないがね。。

まあ、気持ちがいい。。。おもしろいだけでね。。好きなしごとだからね、

やっている。。あと、妻が頼まれてくるからね、やっている、というね。。

妻にね依頼があるのでね。。まあ、それがね、エージェントが要る部分でね、

オファーがあるのでね。。やる、というね。。つまりさ、どのエリアもさ

満席にしたいわけですがね、娘ごのね、妻だけでは無理でしょう?で、当然

でかい組織だからね、たくさん会社がありね、妻はぜんぶ、その役員なんですね。。

妻がね、みな背負っているからね。。まあ、少しは楽をさせてやりたいなとね。。

でも、カネは妻に入るね。。大金持ちだね。。負債もあるが、自動収入もでかい。。

でもまあ、女性、妻としてはさ、ぜんぶもつのはしんどいからね、あなたもやって!!!

というね。。感じなんですね。。わたしがぜんぶするのは、しんどいわ〜みたいなね。。

それはね、どこも跡取り息子がいないね、娘だったのでね。。そうなったのですね。。

ほんまに。。娘しかいない、しかも、別の娘、たとえばね、長女がね、恋愛結婚で

でていった、というね。。そのケースでね。。じゃあ、うちに男手がいない、しかも

まあ、その筋だからね、だれもきてくれない。だから、誰かいいのはいないか?と

なりね。。わたしがね、あてがわれたね。それはまあ、その世界とね、うちの

ね、先年亡くなった伯父がね、政治的な取引をしていたのでね。まあ、こっちの

ことも見てくださいといわれてね、わたしが入ったね。だからまあ、当時はね、

そういうケースでね、みんな就職したのですね。。。で、だいじなのは満席に

することね。。空席がないようにすることですからね。。それをまあ埋め合わせて

いけばいいね。つまりまあ、宣伝でね、ブーム化してね、レギュラーがいればね、

いいわけね。。枠が埋まればいい。だからまあ、負債とは枠の穴あきですからね。。

まあ、埋めていけばいい。。だからまあ、こっちが満席でも、こっちがまだというね、

ものがオファーになりね。。まあ、それを埋めるためにね、アイデアも出続ける、

というね。。みな、妻のサイドの会社さんがね、手伝ってほしい、とね。。いうて

くるわけね。。ほんまに。。だからまあ、採用から印刷までねぜんぶ、見るわけ

ね。。ほんまに。それがまあ、うちのね、福田事務所、弊社組のね

シマでね。。まあ、大奥みたいなものでね。。ほんまに。。。当然ね、もういまは

セックスレスですからね。。わたしもね。。だからまあ、それをやっているだけ、

というね。だからまあ、次にね、見計らったようにね、これが終われば、また

これ。。しかも、終わりがないでしょ、、、みな、店ですからね。。祇園祭では

満席になるがね、もう、今週は京都に人がいないからね、夏場の宣伝をして

ください、とかね。。肉の店にいわれてね。じゃあ、写真があるからね、

ダウンロードしてポスターにするから、贈ったら、はっといたらええやん?

みたいにね、なるのね。。。。で、俺の店でしょ?要するにさ。妻の名義だけど

ね。。俺が亭主でしょ。だからまあ、手伝う、というね。。。ほんまに。。。

妻もさ、エリアが広すぎてね、寝ないといけないからね。まあ、そういうのがね、

弊社ブロック長なんですね。。ブロックがね、五十ぐらいある、というね。。

ほんまに。。会社はもう、すごくようけある、というね。。。ほんまに。。

だからまあ、その世話がね、72歳ぐらいまである、というね。。ほんまに。。

じゃあ、もうね、息子、娘あるいはね、孫に根、譲れるとね。で、もう妻も

亡くなるかもしれないのでね。。まあ、そのあとね、まあ、わたしにはね

最終でね、故日野原先生のようにね、そのすべての会長というね。。妻も

死んだがね、まあ、孫が社長でしょ。。で、すべての会長、というね。。。

福田ホールディングスのね、会長というね。。。しごとがね、まあ、そのあと

26年ありね、まあ、98歳まで契約がある。。。ほんまに。。で、まあ、亡くなる、

というね。。ほんまに。。だからまあ、あと五十数年ある、六十年近くある、

というね。。ほんまに。。。だからまあ、たぶんね、負債がありすぎてね、妻が

先に死ぬのでね。。その五十人がね。。で、子供なり孫がね、しますのでね。。

それをまあ、見守る。。妻側の子孫ですからね。。まあ、わたしはねそういうののね、

後ろ盾になりね。。ああ、事実上のおじいちゃんがいてはりますわ、おじいちゃんが

会長さんみたいですわ〜、ああ、あのキヨシ先生、福田会長が?というね。。まあ、

だから、きほんは、変わらない。。ただいまみたいに根、弊社だけじゃなくてね。。

弊社全体の会長というね。。。フィクサーでね。。いまはね、これをやっている

のが、わたしですがね、のちのちはね、社長がいるね、ファミリーの全体の会長

だね。。ほんまに。。最終はね。だからまあ、そろそろね、採用活動もね、まあ

見ないといけない。。関連のね。。採用もどうしたら、いいか、というね。。。

ほんまに。それはもう、穴埋めですからね。。こーいうひとをとれ、というね。。

いうわけね。。ほんまに。じゃあ、そうします、というね。。ことでね。。。

ホンマに。。。妻はさ、もう、どないしよう、どうしたらええの?みたいになる

のでね。まあ、それは俺がする、というね。ただ、そういうね、婿養子ライフがね、

人生でね、現役解説者監督みたいにね、スリーステージ根、つまりまあ、三途の川を

三回いくとね。。まあ、いけるというね。まだ、いまツーステージですからね。これがまあ

あと26年はある、というね。。そのあとまだ、26年或るのでね。。ほんまにだからまあ、

たいへんな会長先生というね。。ほんまに。。。だからまあ、、まだね、いまはいい

ですよ。。それぞれのね、世界の最終でもないのでね。それぞれ、トップがいるから

ね。。ほんまに。。雇われてね。。それがまあ、うちの子孫にまわるとね、まあ

俺のね、責任になる、というね。だからまあ、政治力もあるよね。当然ね、そういう

組がでかいのでね。。ほんまに。。だからまあ、責任はないがね、妻の手伝いを

している、というね。。ことにはもう、かわりないね。。初婚以来かわりはない。。

ほんまに。。。ただねようけ、頼まれる、ますますやってくれ、というね。。

うちもやってくれ、というね。。うちのこれも、やってくれ、とね。。。

頼まれるというね。。先生はうちの持ち主、、、オーナー筋の亭主でしょうが?

とね。。やってくださいよ〜みたいなね。。ことでね。。。。ほんまに。。

だからまあ、わかった、とね。。そこも、かみさんがオーナーなんだろ、とね。。

いうのでね。そうなんです、奥さまのあれでね、やっているのでね。。我は

雇われでね。。キヨシ会長の御指示がほしいのでね。。。とね。まあ、なるので

ね。。だからまあ、ディスコからホテルから、不動産からね。。もう、山のようにね、

ホンマに。。。だからまあ、今はさ、穴埋めプランナーみたいなね、位置にいますがね。。

まあ、これでね、全体を地上げしてね、グループを底上げしてね。まあ、協力してね、

体制を築き上げてね。。まあ、そしてね、72歳からね、わたしがまあ、徳川家康

ようにね、老人の会長になる、というね。。。の会長になる、というね。。

だからまあ、かみさんが死んでからがね、まあ、最後のしごとになる、というね。。

それまではね、かみさんがいるのでね。まあ、手伝う、というね。。ほんまに。。

だからまあ、基本はね、変わってないのでね、あんまりたいへんではない。。

財産がわたしになるわけじゃないのでね。。。あくまでね、系列の婿養子

ワークがね、ひろがっている、というね。。ことなんですね。。ほんまに。。。

だからまあ、かみさんたちがね、相続してますのでね。。種馬だったというね。

ほんまに。そういうことでね。。ほんまに。。そうなのね。。。。ほんまに。。。