DAPPER

今更ながら、グッチのV7にはDAPPERなるモデルがあったんですね。

いや正確にはモデルではなくDAPPERキットが売られています

なかなか恰好イイと思うのですが、なぜ今更DAPPERかと言うと

実は今までメッキタンクには全く興味なかったんですね。

なのでV7レーサーには食指が動かなかったんです(;A

ボクにはいつかやりたい夢があって、それはタンクをワンオフでアルミ叩き出しにする事なのです。

いつかはやりたいのですが、いかんせんお財布に厳しい。。

本当にこの夢が実現する日が来るのかどうか疑わしいのですね

では、せめて近づける事は出来ないか?

とふと思ったわけです。

レーサーのメッキタンクはどうだろうか?と。

圧倒的にアルミの鈍い光り方と質感が大好きなのだけど

そして、レーサーに食指が動かなかった理由の一つに赤いフレームがある。

ではボクの黒いフレームのカフェにタンクだけメッキなら案外似合うのでは?と思ったのもきっかけです。

で、調べていたら本家のモトグッチが既に作っていたという訳です(笑)

ホント今更ですね(;A

ただ、このDAPPERのキットは全てインストールすると凄い金額になると思われますし、サテン地のサイドカバーやゼッケンプレートは必要ありません。

あくまでメッキタンクにしたいだけなので、それに近い画像を探していると、こんなのを発見!

うん。イイ感じです()

レーサーよりもボク的には断然こっちが好きです。

サイドカバーもV7クラシックかSTONEのブラックを中古で手に入れれば良いし、フロントフェンダーとリヤフェンダーはノーマルのカフェのブラックのままで構わない。

シルバーのホイールも好みです。

細かい事を言うと、この車両はホイールがアルミなのですが、ボクのカフェはスチールなのでメッキがピカピカでもっと似合うと思います()/

タンクは鈍く光るアルミが好きなくせに、ホイールはピカピカのメッキが好きなんです

上はノーマルのカフェだけど、ボクのカフェはダブルシートになっててハンドルもアップ

この状態でメッキタンクを載せてサイドカバーをブラックに交換する。

そしてクロームメッキのロングラゲッジラックを付けたい。

なんだかお洒落なレニャーノグリーンのカフェが全然違う方向に行きそうだけど(;A

アルミ叩き出しタンクにするのが夢だけど、現実的にはメッキタンクだろうなぁ。

悪くないと思うんだけど、はたして実現するのだろうか??

あ、この際更に細かい事を言うと、motoguzziのロゴと鷲のマークが赤いのは好みでは無い(;A

なので、ここは赤くないタイプにしたい。

そこまで出来たら、後はリヤにモンベルの80リッターの防水バッグを括り付けて、全身真っ黒のクシタニマンになってキャンプ場や宿坊に向かうだけです。

月に一度でもこんなスタイルで旅が出来たら、もう人生に思い残す事はないです(笑)

ほんとライダーに生まれて良かった()

いつもの妄想で終わるのか、はたまた正夢になるのか、結果は東京オリンピックまでには出るかな?

PS

メッキタンクでどうしても気になるところが一つあります。

タンクキャップが苦手なんですね、、、、

ノーマルのカフェやクラシックのキャップが断然好きです!

これってどうにかならないのかなぁ、、、

よかったらクリックよろしくお願いいたします<m()m>

人気ブログランキング

広告を非表示にする